庭園紹介

庭園は、典型的な江戸初期の作風で、清滝山の自然林を背景に、それに続く自然の地形を利用した谷筋が、築山左右の南と北に作られている。この南側奥には滝石組があり、山裾に設けられた広い池には、二組の岩組がある。
現在は枯池と枯滝になっているが、本来は清滝と呼ばれた滝から水が落ち、池には水が湛えられていたが、伊勢湾台風(昭和34年)の時に水源の川ごと崩れてしまいその後は水は入っていない。(枯山水ではない)
「青龍の庭」と称されたこの庭園は、南岸に岩山を作り、目立った立石を据え、築山の上に雪見灯籠と五輪塔また北岸には山灯籠を配するなど、護岸の石組みと共にどことなく野趣が感じられる。客殿南東にある手水鉢は八角形のどっしりと風格がある。
四季の変化と共にその趣も大きく変わるが、一日の中でも朝昼夕では大きく変わり、一日眺めていても飽きがこない庭園である。
小堀遠州の作との伝もあるが確かな資料はない。